リスク管理態勢

当社は、企業価値の最大化を目的とする戦略的リスク経営(ERM)の観点から、リスクを適切に把握、評価、コントロールし、リスクの発現の際に的確に対応できる態勢を整備しています。

1.リスク管理に関する基本方針

当社は、グループの経営方針およびERM基本方針に則り、不測の損失を極小化するとともに、資本を有効活用し、適切なリスクコントロールのもと収益を向上させ、企業価値の最大化を図ることを目的とした戦略的リスク経営を実践するため、以下の業務方針を骨子とする「ERM基本方針」を定めています。

  • 当社は戦略的リスク経営の実効性を確保するため、経営戦略・経営計画と合わせて、リスク選好に係る方針を定めるなどの態勢を整備・推進します。
  • また、戦略的リスク経営を支えるため、各種リスクの特性を的確に把握し、各種リスクを統合して管理します。

この基本方針に基づき、当社は、戦略的リスク経営の運営において、各種リスクを統一的な尺度で計り、それを統合したリスク総量と資本を比較する自己資本管理を実施しています。 具体的には、グループ戦略上必要とする財務の健全性(AA格相当)に応じた信頼水準により計測したリスク総量(Value at Risk)が、SOMPOホールディングスが当社に配賦した資本を恒常的に超過することがないように管理しています。

2.リスク管理に関する組織体制

当社は、戦略的リスク経営に係る態勢を整備・推進する部署として、リスク管理部および経営企画部を設置しています。また、リスクを統合して管理するため、リスク管理統括部門(リスク管理部)および各種リスクを管理するリスク管理担当部門を設置しています。