両眼失明などの高度な障害が残った

死亡保障がある生命保険は亡くなられた場合に保険金をお支払いするものですが、両眼の視力を完全に失うなど高度な障害が残った場合には、亡くなったときと同額の高度障害保険金のお支払い対象となります。

チェックポイント1/5 ご契約は有効ですか?

保険料を一定期間お支払いいただけないと、ご契約は効力を失います(失効といいます)。失効してしまうと、その後に万が一のことがあっても、保険金・給付金をお支払いすることができません。保険料を滞りなくお支払いいただいており、ご契約が継続していることをご確認ください。

  • 銀行の通帳の引き落とし履歴に毎月(半年払や年払の場合は決められたタイミングで)当社からの引き落としがありますか?
    • 当社名ではなく、収納代行会社名が印字される場合があります(収納代行会社には、アプラス、SMBCファイナンス、シーエスエス、三菱UFJニコスがあります)。
  • ご契約の失効をお知らせするご案内が届いていませんか?

チェックポイント2/5 高度障害になったときに保険金が支払われる保険ですか?

死亡を保障する保険の他、入院や手術を保障する保険が対象になります。

  • 一部対象外のご契約もあります。(例 無選択型終身保険)
証券のここをご確認ください

保険証券の「保険金・年金・給付金等の種類」欄に下記の記載があれば、高度障害状態となった場合に、高度障害保険金のお支払い対象となります。

死亡(高度障害)保険金 保障の概要は、保険証券の「支払事由の概要」欄をご確認ください。
高度障害給付金
災害死亡(高度障害)保険金
契約者死亡(高度障害)見舞金
遺族(高度障害)年金
死亡(高度障害)給付金
災害死亡(災害高度障害)給付金

チェックポイント3/5 身体の状態が「高度障害状態」に該当するか確認する

被保険者様の障害状態が、高度障害保険金のお支払いの対象となるものであるかどうかは約款でご確認いただけます。

約款で定める高度障害状態

  • 両眼の視力を全く永久に失った
  • 言語またはそしゃくの機能を全く永久に失った
  • 中枢神経系または精神に著しい障害が残り、終身常に介護を必要とする
  • 胸腹部臓器に著しい障害が残り、終身常に介護を必要とする
  • 両上肢ともに、手関節以上で失った、またはその用を全く永久に失った
  • 両下肢ともに、足関節以上で失った、またはその用を全く永久に失った
  • 1上肢を手関節以上で失い、かつ1下肢を足関節以上で失ったかまたはその用を全く永久に失った
  • 1上肢の用を全く永久に失い、かつ1下肢を足関節以上で失った
  • 詳細は約款をご確認ください。

チェックポイント4/5 障害の原因がお支払いできない理由でないか確認する

約款では、下記の原因により高度障害の状態になった場合には、高度障害保険金をお支払いしないことを定めています。

高度障害保険金をお支払いしない場合(例)

  • 契約者の故意により高度障害状態になった
  • 被保険者の故意により高度障害状態になった
  • ご契約の前に発生した病気やけがで高度障害となった
  • 詳細は約款をご確認ください。

チェックポイント5/5 被保険者ご本人様からのご請求ができますか?

高度障害保険金の受取人は、被保険者ご本人様です。言語機能を失ったなど被保険者ご本人様が請求できる状況にない場合は、被保険者様のご家族の方より、カスタマーセンターまでご相談ください。

保険金・給付金を受け取れるか確認できたら、お手続きにお進みください

ご請求・お問い合わせ

保険・給付金のご請求について、ご不明な点がある場合は、カスタマーセンターまでご連絡ください。