入院日数や治療内容が原因となるもの

入院された日数がお支払いできる日数を超えていたとき

1回のご入院について給付金をお支払いできる日数は、ご契約ごとに決められています。その日数を超えて入院された場合は、限度日数を超えた部分については給付金をお支払いできません。
お支払いできる日数は、保険証券中段の「主契約および特約」の「~日型」の記載をご確認ください。

  • 保険種類によっては、日数が無制限のものもあります。

お支払いできるケース

お支払い日数が「120日型」の場合で80日間入院したとき

限度日数である120日以内のご入院ですので、全入院日数である80日分の給付金をお支払いします。

お支払いできないケース

限度日数である120日分の給付金をお支払いします。限度日数を超えた分はお支払いできません。

入退院を繰り返したときはご注意ください

1度入院し、同じ病気など同様の理由により再度入院したとき、入院の間隔が180日以内の場合は、その2回の入院は「1回の入院」とみなし、入院日数を合計します。合計された日数が「1回の入院についてお支払いできる限度日数(例えば60日や120日)」を超えている場合、限度日数を超えた部分については給付金をお支払いできません。
お支払いできる限度日数は、ご契約ごとに決められています。保険証券中段の「保険金・年金・給付金等の種類」欄の「~日型」の記載をご確認ください。

お支払いできるケース

お支払い日数が「120日型」の場合で120日間入院し、退院から180日経過した後に、再度同じ原因で入院したとき

  • はじめのご入院は、限度日数である120日以内ですので、全入院日数である120日分の給付金をお支払いします。
  • 再入院についても、はじめのご入院の退院日から180日を経過しているため新たな入院とみなし、限度日数である120日分までお支払いします。

お支払いできないケース

お支払い日数が「120日型」の場合で100日間入院し、退院から180日を経過しないうちに、再度同じ原因で入院したとき

  • はじめのご入院は、限度日数である120日以内ですので、全入院日数である100日分の給付金をお支払いします。
  • 再入院については、はじめのご入院の退院日から180日を経過していないため、はじめの入院とあわせて「1回の入院」とみなします。
    はじめのご入院で100日間の給付金をお支払いしていますので、再入院でお支払いできるのは、残り20日分までとなります。
  • 保険種類やご加入時期によってお取り扱いが異なる場合があります。詳細は約款をご確認ください。

受けられた手術がお支払対象となる手術でなかったとき

ひとことに「手術」といっても、数えきれないほどの種類があり、そのひとつひとつについて「○○術」といった名称がつけられています。
保険会社では、それらの手術すべてについて給付金を支払うのではなく、約款に定められた決まりにそってお支払いいたします。約款では、給付金をお支払いできる手術とお支払いできない手術を正式な手術名によって分けています。

給付金をご請求する前に、病名とあわせて「受けられた手術の正式名称」を医療機関にご確認のうえ、カスタマーセンターにご連絡ください。受けられた手術が給付金のお支払い対象となる手術であるかを確認させていただきます。

お問い合わせを頻繁にいただくものについて、下のボタンよりお支払いできる手術・お支払いできない手術をご確認いただけます。

重い障害が残ったが、約款の「高度障害状態」には当てはまらなかったとき

病気やけがが原因となって重い障害が残った場合、高度障害を保障する保険にご加入であれば、高度障害保険金をお支払いいたします。障害の状態によって、保険金をお支払いできる場合とできない場合があります。
なお約款に定める高度障害状態は、身体障害者福祉法などに定める障害状態とは異なりますのでご注意ください。

お支払いできるケース

約款の定める「両眼の視力を永久に失った」状態となり、高度障害状態に該当するため、保険金をお支払いします。

お支払いできないケース

手術などにより回復の見込みがある場合は、約款の定める高度障害状態に該当しないため、お支払いできません。

  • 保険種類やご加入時期によってお取り扱いが異なる場合があります。詳細は約款をご確認ください。