女性のための入院保険

フェミニーヌ
特徴

入院 手術 先進医療 がん 三大疾病 死亡 定期タイプ

子宮筋腫などの女性の気になる病気、乳がんや胃がんなどのすべてのがんによる入院を手厚く保障するだけでなく、3年ごとに受け取れる150,000円の生存給付金がうれしい、女性のための医療保険です。また、万が一の保障も確保できるので安心です。(*プラン1の場合)

特徴

特徴1

子宮筋腫などの女性にとって心配な病気やすべてのがんによる入院を重点的に保障します。

女性特有の病気はもちろん、膀胱炎などの女性にも多い病気、すべてのがん、妊娠出産関係の入院を日額15,000円で手厚く保障します。

  • 正常分娩は除きます。詳しくは約款別表をご覧ください。
  • その他の病気やケガで入院した場合は、入院給付金日額10,000円となります。
特徴2

女性特有の病気だけでなく、ほとんどすべての病気・ケガによる入院も保障します。

日帰り入院はもちろん、1入院につき180日、通算1000日まで保障。海外での入院も保障の対象となります。
さらに、三大疾病による入院を通算して無制限に保障します。しかも、1回の入院限度日数も無制限に保障します。(三大疾病支払日数無制限特則)

特徴3

公的医療保険の対象となる約1,000種類の手術を保障します。

病気やケガで公的医療保険対象の所定の手術を受けたときには、入院の有無にかかわらず、手術給付金が受け取れます。

特徴4

公的医療保険が適用されない先進医療の技術料を通算2,000万円まで保障します。 (医療用新先進医療特約)

先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。
先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。
先進医療の治療を受けた場合、診察料や検査費用・入院費等は公的医療保険の対象となりますが、「先進医療の技術料」に関しては公的医療保険の対象外のため、全額自己負担となります。

  • 一般診療では最高3割の自己負担ですが、「先進医療に係る技術料は公的医療保険の対象とならないため、全額自己負担」となります。
    ただし、「先進医療に係る技術料」以外は公的医療保険が適用されます。
  • 公的医療保険においては定率の自己負担の他、高額療養費制度により所得に応じた自己負担の制限が設けられています。

ご加入のお客さま向けに先進医療の情報コンテンツを提供していますのでご参照ください。

特徴5

3年ごとに150,000円が受け取れます。

入院の有無や回数にかかわらず、生存給付金として3年ごとに150,000円、15年間で合計750,000円が受け取れます(プラン1の場合)。

  • 被保険者が保険期間中の3年ごとの契約応当日の前日末または保険期間満了時に生存している場合にお支払いします。
  • 金融機関を募集代理店として本商品へのお申込みをご検討されているお客さまはこちらをご覧ください。
  • お仕事の内容・健康状態・保険のご加入状況などによっては、ご契約をお引受けできない場合や保障内容を制限させていただく場合があります。
  • このホームページは商品の概要を説明しています。
    詳細につきましては、「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

HL-P-B1-16-00991(2017.2.1)

ご契約後のうれしいサービス!

健康・医療や介護に関することから、税務や法律に関するご相談まで幅広いサービスをご用意しています。

資料請求・保険相談のお申込みはこちらご契約の流れ

資料請求

資料請求専用フリーダイヤル

0120-653-653

月曜~金曜 9:00~17:00 *1

保険相談申込み

保険相談申込み専用フリーダイヤル

0120-088-307

月曜~金曜 9:00~19:00
        土曜         9:00~17:00 *2

  1. 上記以外の時間帯、土日・祝日および12月31日~1月3日は自動音声ガイダンスにて承ります。
  2. 日曜・祝日・12月31日~1月3日を除く。