がんを知る

意外と知らないがんのこと

意外と知らないがんのこと データ1~3

がんを治すために

治療方法 がんの治療方法は大きく分けると3つになります。

がんの治療にはさまざまな方法があります。
大きく分けると、「①手術療法」「②放射線療法」「③薬物(化学)療法」(抗がん剤治療)の3つがあげられます。
また、年々新しい治療方法が登場しており、複数の療法を組み合わせて行うケースも増えています。

1:手術療法、2:放射線療法、3:薬物(化学)療法(抗がん剤治療)

入院・通院治療 入院よりも通院治療の割合が増加しています。

がん治療では、入院治療よりも通院治療の割合が増加しています。
これは、医療技術の進歩により、放射線治療や抗がん剤治療を通院で行えるようになったためです。
なかには、転移などにより外科治療が困難な場合など長期にわたる抗がん剤治療を余儀なくされることもあります。

がん(悪性新生物)の外来受療率及び入院受療率の推移(人口10万対)

HL-P-B1-16-01050(2017.2.1)