先進医療の療養をうける/うけたい

先進医療ネット

最小侵襲椎体椎間板掻爬洗浄術

療養基本情報

先進医療技術名 最小侵襲椎体椎間板掻爬洗浄術
よみがな さいしょうしんしゅうついたいついかんばんそうはせんじょうじゅつ
概要 【適応症】
脊椎感染症
【概要】
医療の進歩に伴い全身の免疫能低下があっても長期生存が可能な症例が増加している。それに伴い難治性脊椎感染症が増加している。本疾患に対する治療は保存療法と侵襲の大きな外科治療しかなかった。しかし全身状態の悪い症例への外科治療は術後の合併症を併発する問題があった。本治療は1cm程度の小さな傷から、内視鏡やX線透視を用いて安全に椎体椎間板の掻爬と洗浄を行う。局所麻酔と静脈麻酔下で行え、手術操作にかかる時間が45分間程度と短く、最小侵襲であるため、余病の多い症例にも施行できる利点がある。従来できなかった患者への疼痛の緩和と治療に難渋した脊椎感染に対し大きな効果が望める。
病名分類 感染症

この療養が受けられる医療機関

都道府県 医療機関名称 住所 電話番号
北海道 北海道大学病院 札幌市北区北14条西5丁目 011-716-1161