先進医療の療養をうける/うけたい

先進医療ネット

細菌又は真菌に起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)

療養基本情報

先進医療技術名 細菌又は真菌に起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)
よみがな さいきんまたはしんきんにきいんするなんちせいのがんかんせんしっかんにたいするじんそくしんだん(ぴーしーあーるほう)
概要 【適応症】
前房蓄膿、前房フィブリン、硝子体混濁又は網膜病変を有する眼内炎
【概要】
内眼手術直後からの眼痛、前房蓄膿、硝子体混濁を呈する外因性眼内炎、体内に感染巣があり眼痛、前房蓄膿、硝子体混濁を呈する内因性眼内炎では早急に細菌感染を疑い検査する必要がある。このような症例の前房水を前房穿刺、あるいは硝子体液を手術時に採取して、これらの眼内液からDNAを抽出し、本診断により細菌16SrDNAの定量をおこなう。この診断に基づいて適正な抗生剤投与、硝子体手術をおこなう。当院眼科においては年間約30例の患者が本検査の対象となる。
経中心静脈高栄養法や各種カテーテルの留置に伴った真菌血症が全身的にあり、網膜後局部に網膜滲出斑、硝子体混濁、牽引性網膜剥離、前眼部炎症を呈する眼内炎では早急に真菌感染を疑い診断を付ける必要がある。このような症例の前房水を前房穿刺、あるいは硝子体液を手術時に採取して、これらの眼内液からDNAを抽出し、本診断により真菌28SrDNAの定量をおこなう。この診断に基づいて適正な抗生剤投与、硝子体手術をおこなう。当院眼科においては年間約20例の患者が本検査の対象となる。従来の検査で眼科検体を用いた真菌の検査法の中で、現在保険でおこなわれているものは、培養があるが感度と特異度は本検査法よりも劣る。
当該技術(難治性細菌・真菌眼感染疾患に対する包括的迅速PCR診断)は、必要なプライマーとプローブを作製して研究室にて用いている。プライマーとプローブは現時点ではキット化できていないため、院内で調整する。
病名分類 眼科疾患

この療養が受けられる医療機関

都道府県 医療機関名称 住所 電話番号
宮城県 東北大学病院 仙台市青葉区星陵町1-1 022-717-7000
群馬県 群馬大学医学部附属病院 前橋市昭和町3-39-15 027-220-7111
東京都 東京医科歯科大学医学部附属病院 文京区湯島1-5-45 03-3813-6111
東京都 東京大学医学部附属病院 文京区本郷7-3-1 03-3815-5411
福井県 福井大学医学部附属病院 吉田郡永平寺町松岡下合月第23号3番地 0776-61-3111
鳥取県 鳥取大学医学部附属病院 米子市西町36-1 0859-33-1111
島根県 島根大学医学部附属病院 出雲市塩冶町89-1 0853-23-2111
大分県 大分大学医学部附属病院 由布市挾間町医大ヶ丘1-1 097-549-4411