先進医療の療養をうける/うけたい

先進医療ネット

オクトレオチド皮下注射療法

療養基本情報

先進医療技術名 オクトレオチド皮下注射療法
よみがな おくとれおちどひかちゅうしゃりょうほう
概要 【適応症】
先天性高インスリン血症(生後二週以上十二月未満の患者に係るものであって、ジアゾキサイドの経口投与では、その治療に係る効果が認められないものに限る。)
【概要】
ジアゾキサイド不応性先天性高インスリン血症(高インスリン血性低血糖症)を対象にオクトレオチド持続皮下注射療法の有効性、安全性を検討する多施設単群非盲検試験。有効性の主要評価項目は短期有効性(投与開始前24時間と、投与開始後48時間以内で同一治療条件ごとの平均血糖値を患者ごとに比較し、投与前と比較して50mg/dL以上上昇したものを有効例とし有効例/総患者数を有効率として評価する)、副次評価項目は長期有効性(ブドウ糖輸液量が6mg/kg/分(8.64g/kg/日)以下に減量できたものを有効例、離脱できたものを著効例とし、有効例/総患者数を有効率、著効率/総患者数を著効率として評価する)、発達予後及び治療中の低血糖である。安全性の評価項目は身体計測値、有害事象、臨床検査、腹部超音波検査、胸部超音波検査・心拍モニターによる心合併症の評価で、予定組み込み症例数は5例である。初期治療は入院にて行い、症状改善に応じて外来治療へ移行して継続する。
病名分類 内分泌、栄養・代謝疾患
妊娠期・胎児・新生児・周産期の疾患

この療養が受けられる医療機関

都道府県 医療機関名称 住所 電話番号
北海道 北海道大学病院 札幌市北区北14条西5丁目 011-716-1161
大阪府 大阪市立総合医療センター 大阪市都島区都島本通2-13-22 06-6929-1221