先進医療の療養をうける/うけたい

先進医療ネット

内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術

療養基本情報

先進医療技術名 内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術
よみがな ないしきょうかしゅじゅつようろぼっとをもちいたふくくうきょうかこうはんしきゅうぜんてきじゅつ
概要 【適応症】
子宮頸がん(FIGOによる臨床進行期分類がIB期以上及びIIB期以下の扁平上皮がん又はFIGOによる臨床進行期分類がIA2期以上及びIIB期以下の腺がんであって、リンパ節転移及び腹腔内臓器に転移していないものに限る。)
【概要】
手術的には他の開腹手術に比べて出血量が多く、また侵襲性の高い子宮頸癌(但し、FIGOによる臨床進行期IB以上、IIB以下の扁平上皮癌、あるいは臨床進行期IA2以上、IIB以下の腺癌に限る、転移は認めない)の症例を対象に、ロボット支援広汎子宮全摘出術を施行し、従来の開腹術との間で有効性、安全性を比較する。(内視鏡下の子宮広範全摘術は2015年から先進医療Aにて試験開始となったところである)。全身麻酔・二酸化炭素気腹下に腹腔鏡を用いて広汎子宮全摘出術を行う。portの位置、本数、種類、小開腹創の位置は規定せず、「腹腔内の検索」はすべて内視鏡下で行い、「リンパ節郭清および主幹動脈の処理」、「併施手術」は原則すべてロボット支援下にて行う。
術中腫瘍の進展により他臓器合併切除が必要となった場合は、ロボット支援下続行か開腹手術に移行するかは手術担当責任医の判断に委ねられ、合併切除を行った場合は切除臓器をCRFに記載する。プロトコル治療完了後は新病変が確認されるまでは後治療を行わない。ただし、術後再発リスク因子を有する症例に関しては、術後再発リスク評価(子宮頸癌の術後再発リスク分類:子宮頸癌治療ガイドライン2011年度版:日本婦人科腫瘍学会)にしたがって後治療を考慮する。また切除断端陽性が確認された場合又は子宮癌以外の疾患であった場合の後治療は規定しない。予定症例数は100例、予定試験期間は6.5年(登録期間:1.5年,追跡期間:5年)である。
病名分類 悪性腫瘍(乳房、子宮など女性器)

この療養が受けられる医療機関

都道府県 医療機関名称 住所 電話番号
青森県 弘前大学医学部附属病院 弘前市本町53 0172-33-5111
東京都 東京医科大学病院 新宿区西新宿6-7-1 03-3342-6111
神奈川県 公立大学法人 横浜市立大学附属病院 横浜市金沢区福浦3-9 045-787-2800
静岡県 静岡県立総合病院 静岡市葵区北安東4-27-1 054-247-6111
島根県 島根大学医学部附属病院 出雲市塩冶町89-1 0853-23-2111