先進医療の療養をうける/うけたい

先進医療ネット

131I-MIBGを用いた内照射療法

療養基本情報

先進医療技術名 131I-MIBGを用いた内照射療法
よみがな ひゃくさんじゅういちあい‐えむあいびーじーをもちいたないしょうしゃりょうほう
概要 【適応症】

子宮体がん(ステージがIA期であってグレード3若しくは特殊型(漿液性腺がん、明細胞腺がん、がん肉腫等)のもの又はステージがIB期若しくはII期と疑われるものに限る。)

【概要】

早期子宮体がんで行っている腹腔鏡下子宮体がん根治術に準じた方法で手術を行う。

腹腔鏡下手術は、臍部に12mmのカメラ用トロッカーを挿入し、炭酸ガスで腹腔内にガスで気腹させ、腹部に4-5か所に5mmのトロッカーおよび下腹部正中に12mmトロッカーを挿入し行う。摘出した子宮は、膣から摘出する。骨盤リンパ節郭清術を施行し、続いて傍大動脈リンパ節郭清は開腹術における子宮体がん根治手術と同様の方法で行うこととする。

手術は、

(1)腹腔鏡下子宮全摘出術+両側附属器摘出術を行う。

(2)腹腔鏡下に骨盤リンパ節郭清術を行う。

(3)カメラを下腹部正中から上腹部の方向に向け、後腹膜を切開し、腹膜を腹壁側につり上げまたは圧拝し空間を確保し、腹大動脈、下大動脈より下腸間膜動脈・腎静脈を確認した上で、腎静脈以下の傍大動脈リンパ節郭清術を行う。



安全性及び有効性については

Primary endpoint; 術中出血量、

Secondary endpoint; 摘出リンパ節個数、輸血率、術中・術後合併症の有無、術後QOL、3年無再発生存期間、5年全生存割合

*いずれの結果も、2008年1月から2016年3月までに当科で施行した子宮体がんに対する開腹手術における傍大動脈リンパ節郭清術と比較検討する。
病名分類 悪性腫瘍(乳房、子宮など女性器)

この療養が受けられる医療機関

都道府県 医療機関名称 住所 電話番号
石川県 国立大学法人 金沢大学附属病院 金沢市宝町13-1 076-265-2000