終身医療保険

健康をサポートする医療保険 健康のお守り
特徴

入院 手術 通院 先進医療 がん 三大疾病 七大疾病 生活習慣病 介護 終身タイプ

入院と手術の費用はもちろん、充実のオプションでお守りする医療保険です。

特徴

特徴1

保障は一生涯。保険料は加入時のまま変わりません。

特徴2

入院は日帰り入院から保障します。
手術は公的医療保険の対象となる約1,000種類を保障します。

オプション
特徴3

高血圧症・脂質異常症・高血糖症の投薬治療に備えられます。(医療用健康回復支援給付特約(特定投薬治療給付型))

詳しくは、オプションページの「医療用健康回復支援給付特約(特定投薬治療給付型)」をご覧ください。

  1. 医療用健康回復支援給付特約(特定投薬治療給付型)のご契約者さま・被保険者さま・そのご家族(2親等以内)の方がご利用できます。
  2. 医療用健康回復支援給付特約(特定投薬治療給付型)の被保険者さまで所定の条件を満たした方がご利用できます。
オプション
特徴4

新三大疾病による入院を通算して無制限に保障します。
さらにオプションを付加することで、1回の入院限度日数も無制限に! (新三大疾病支払日数無制限特則)

対象となる新三大疾病は「がん(上皮内がん含む)」「心疾患」「脳血管疾患」です

  • 「平均在院日数」とは、1回の入院における平均日数であり、疾患別の完治までの平均入院日数ではありません。

詳しくは、オプションページの「新三大疾病支払日数無制限特則」をご覧ください。

オプション
特徴5

公的医療保険が適用されない先進医療の技術料を通算2,000万円まで保障します。 (医療用新先進医療特約)

先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。 先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。

先進医療の治療を受けた場合、診察料や検査費用・入院費等は公的医療保険の対象となりますが、「先進医療の技術料」に関しては公的医療保険の対象外のため、全額自己負担となります。

例:一般療養(手術料)、先進医療(技術料)
  • 一般診療では最高3割の自己負担ですが、「先進医療に係る技術料は公的医療保険の対象とならないため、全額自己負担」となります。
    ただし、「先進医療に係る技術料」以外は公的医療保険が適用されます。
  • 公的医療保険においては定率の自己負担の他、高額療養費制度により所得に応じた自己負担の制限が設けられています。

ご加入のお客さま向けに先進医療の情報コンテンツを提供していますのでご参照ください。

オプション
特徴6

七大疾病・就労不能状態になったときなどに以後の保険料のお払込みは必要ありません。(医療用保険料免除特約)

対象となる七大疾病は「がん(上皮内がん含む)」「心疾患」「脳血管疾患」「慢性腎不全」「肝硬変」「糖尿病」「高血圧性疾患」です。

詳しくは、オプションページの「医療用保険料免除特約」をご覧ください。

  • 金融機関を募集代理店として本商品へのお申込みをご検討されているお客さまはこちらをご覧ください。
  • お仕事の内容・健康状態・保険のご加入状況などによっては、ご契約をお引受けできない場合や保障内容を制限させていただく場合があります。
  • このホームページは商品の概要を説明しています。
    詳細につきましては、「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

HL-P-B1-20-00179(2020.6.2)