利益相反取引の管理

当社は、「SOMPOホールディングスグループ 利益相反取引管理基本方針」にもとづき、当社または当社グループ金融機関が行う利益相反のおそれのある取引について、お客さまの利益が不当に害されることのないよう、法令等に従い適切に管理する態勢を構築します。

SOMPOホールディングスグループ 利益相反取引管理基本方針(概要)

1.管理対象取引の特定

  1. 当社グループ金融機関の行う次に掲げるような類型の取引・行為によりお客さまの利益が不当に害されるおそれが認められる場合、管理対象会社(SOMPOホールディングスおよび「別表」の当社グループ金融機関)は、当該取引・行為を管理対象取引として指定します。
    • お客さまの利益と当社グループ金融機関の利益が相反する取引・行為
    • お客さまの利益と当社グループ金融機関の他のお客さまの利益が相反する取引・行為
    • 当社グループ金融機関がお客さまとの関係を通じて入手した非公開情報を利用して当社グループ金融機関が利益を得る取引・行為
    • 当社グループ金融機関がお客さまとの関係を通じて入手した非公開情報を利用して当社グループ金融機関の他のお客さまが利益を得る取引・行為
  2. 管理対象取引は、管理対象取引の性質・構造、関連取引の状況、管理対象取引に利用する情報の保有状況、管理対象取引と関連取引を合算して得られる当社グループおよびお客さまの利益の状況その他の事由を勘案して個別に指定します。

2.管理対象取引の管理

  1. 管理対象会社は、管理対象取引に係る関連取引の状況その他の事由を勘案して必要に応じ次に掲げる措置その他の必要な措置を講じ、お客さまの利益を確保します。
    • ア.管理対象取引と関連取引の実行部門を分離し、両取引に係る情報を遮断します。
    • イ.管理対象取引、関連取引のいずれかまたは両方について、取引の内容、条件、方法その他を変更します。
    • ウ.管理対象取引、関連取引のいずれかを中止します。
    • エ.管理対象取引に伴い発生する利益相反の内容その他の必要な情報をお客さまに開示し、その同意を取り付けます。
  2. 管理対象会社は、管理対象取引と関連取引の内容、講じた措置の実施状況その他の必要な事項を記録し、管理対象取引の実行日から5年間、これを保存します。

3.管理体制

管理対象会社は、法令等に従い、次の体制を整備します。

  1. 管理対象取引を管理する部署(管理部署)および管理統括者を設置します。
  2. 管理対象取引とその関連取引が同一の金融機関の中で実行される場合にあっては当該金融機関の管理部署が、異なる金融機関が実行する場合にあってはSOMPOホールディングスの管理部署が、上記に定める措置の要否、内容その他の必要な事項を立案します。
  3. 上記に定める措置を講じる場合にあっては、管理統括者は、上記区分にそって講じるべき措置の内容を決定します。
  4. 利益相反管理方針の概要を公表します。
  5. 役職員等に対する利益相反管理に関する教育・研修を実施します。
  6. 利益相反管理態勢を定期的に検証し、その改善を図ります。

別表

  1. 損害保険ジャパン日本興亜株式会社
  2. 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
  3. セゾン自動車火災保険株式会社
  4. そんぽ24損害保険株式会社
  5. 日立キャピタル損害保険株式会社
  6. 損保ジャパン日本興亜DC証券株式会社