給与所得者の保険料控除申告書の記入方法

Step.1必要資料のご準備と確認項目

【1】下記資料をお手元にご準備ください。

  1. 保険料控除申告書(給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書)
  2. 「生命保険料控除証明書」または「生命保険料控除申告予定額のお知らせ」

【2】「生命保険料控除証明書」または「生命保険料控除申告予定額のお知らせ」に印字の以下項目をご確認ください。

  1. ご契約情報(ご契約者名、保険種類 など)
  2. 適用制度(「旧制度」「新制度」)
  3. 控除枠(「一般生命保険料」「介護医療保険料」「個人年金保険料」)

Step.2生命保険料控除額の計算

生命保険料控除額を計算してください。
以下のツールで簡単に生命保険料控除額を計算できます。

Step.3 「給与所得者の保険料控除申告書」の記入

保険料控除申告書(給与所得者)の記入方法についてご案内します。

1.契約情報の記入

 

◆保険会社等の名称
契約している保険会社の名称をご記入ください。
※損保ジャパン日本興亜ひまわり生命のご契約で当社名が枠内に収まらない場合は、「SJNKひまわり生命」とご記入ください。

◆保険等の種類
証明書の①「保険種類」を転記ください。

◆保険期間又は年金支払期間
証明書の②「保険期間」または「年金支払期間」を転記ください。

◆保険等の契約者の氏名
証明書の③「ご契約者」を転記ください。

◆保険金等の受取人
・「氏名」
証明書の④「保険金等受取人」または「年金受取人」を転記ください。
・「あなたとの続柄」
ご契約者様からみた、受取人との続柄をご記入ください。
・「支払開始日」※個人年金保険料の場合のみ
証明書の④「年金支払開始日」を転記ください。

<控除証明書イメージ>

■一般・介護医療用
■個人年金用
  • 「生命保険料控除申告予定額のお知らせ」はレイアウトが異なります。項目名と照らし合わせてご確認ください

2.適用制度と保険料等金額の記入

 

◆新・旧の区分
証明書の①で適用制度をご確認いただき、新・旧該当する方に「○」をご記入ください。

◆あなたが本年中に支払った保険料等の金額
払込方法ごとに、申告書(a)欄に記入する金額が異なります。記入する金額は、下表を参照ください。

 

◆支払った保険料等の合計金額
新・旧の制度区分ごとに合計して、合計金額をA~E欄にご記入ください。

<控除証明書イメージ>

■一般・介護医療用

Step.4生命保険料控除額の記入

生命保険料控除額計算サポートツールで計算した金額を、にご記入ください。
(注)生命保険料控除額の計算で1円未満の端数が生じた場合は切り上げてください。