女性のための入院保険

フェミニーヌ
保障内容

入院 手術 先進医療 がん 三大疾病 死亡 定期タイプ

子宮筋腫など女性が心配な病気による入院を重点保障するだけでなく、3年ごとに150,000円のボーナス(プラン1の生存給付金)がうれしい、女性専用の医療保険です。

フェミニーヌの保障内容

フェミニーヌなら、あなたのことを考えた女性のための充実保障!

各給付金のお支払いは、責任開始期以後に発病した病気や発生した不慮の事故によるケガを対象とします。
この保険は、医療用女性疾病入院特約・医療用退院給付特約・医療用新先進医療特約・定期保険特約・災害死亡特約付医療保険(2014)A型・手術I型・180日型(三大疾病支払日数無制限特則付)です。

プラン1 プラン2 プラン3
生存
給付金
入院していても受けとれます。
3年ごと、
生存しているとき

<生存給付金>
3年ごとに
150,000円
3年ごとに
105,000円
3年ごとに
75,000円
入院
病気やケガで入院したとき

1入院180日限度※2
病気で通算1,000日限度
ケガで通算1,000日限度
<疾病入院給付金・
災害入院給付金>①

がん・急性心筋梗塞・脳卒中で入院したときは、1入院も通算も無制限※3で保障!
<三大疾病支払日数無制限特則>
1日につき
10,000円
1日につき
7,000円
1日につき
5,000円

女性特有、女性にも
多い病気、すべての
がんで入院したとき

1入院180日限度※2
通算無制限で保障!
<女性疾病入院給付金>②
疾病入院給付金に
上乗せして1日につき

5,000円
(①+②
合計15,000円)
疾病入院給付金に
上乗せして1日につき

3,000円
(①+②
合計10,000円)
疾病入院給付金に
上乗せして1日につき

5,000円
(①+②
合計10,000円)
手術 病気やケガで
約款所定の手術・
放射線治療を受けたとき

<手術給付金>
内容により1回につき
40・20・10・
5万円
内容により1回につき
28・14・
7・3.5万円
内容により1回につき
20・10・
5・2.5万円
造血幹細胞移植を
目的とした
骨髄幹細胞または
末梢血幹細胞の
採取術※4を受けたとき

<手術給付金>
1回のみ
20万円
1回のみ
14万円
1回のみ
10万円
退院祝 1回の入院で、20日
以上59日以内の
入院後に退院したとき

<退院給付金>
5万円 3.5万円 2.5万円
1回の入院で、60日
以上の入院後に退院
したとき

<退院給付金>
10万円 7万円 5万円
先進
医療
先進医療による療養
を受けたとき

<先進医療給付金>
先進医療の技術料
(お支払通算限度額)
2,000万円
先進医療の技術料
(お支払通算限度額)
2,000万円
先進医療の技術料
(お支払通算限度額)
2,000万円
高度
障害※5
約款所定の高度障害
状態になったとき

<特約高度障害保険金 ※6>③
400万円 430万円 450万円
不慮の事故の場合さらに
不慮の事故で
約款所定の高度障害
状態になったとき

<災害高度障害保険金 ※7>④
500万円
(③+④合計900万円)
500万円
(③+④合計930万円)
500万円
(③+④合計950万円)
死亡 亡くなられたとき
<死亡保険金+特約死亡
保険金※6>⑤
500万円 500万円 500万円
不慮の事故の場合さらに
不慮の事故で亡く
なられたとき

<災害死亡保険金 ※7>⑥
500万円
(⑤+⑥合計1,000万円)
500万円
(⑤+⑥合計1,000万円)
500万円
(⑤+⑥合計1,000万円)
  1. 日帰り入院は、入院基本料のお支払いの有無などを参考にして判断します。
  2. 入院の直接の原因が同一または医学上重要な関係がある入院を退院日の翌日からその日を含めて180日以内に繰り返された場合は、1回の入院とみなします。
    このため、入退院を繰り返される傷病等については、お支払いができる最大日数が1回の入院のお支払限度である180日となる場合があります。
  3. がん・急性心筋梗塞・脳卒中による入院の場合は、疾病入院給付金の1回の入院についての支払限度・通算支払限度を超えて疾病入院給付金をお支払いします。
  4. 責任開始日からその日を含めて1年を経過した日以後に行われた採取術が対象となります。ただし、骨髄幹細胞または末梢血幹細胞の提供者と受容者が同一人となる自家移植の場合は対象外です。
  5. 約款所定の高度障害状態になられた場合は、高度障害保険金をお支払いし、入院保障は保険料払込免除で継続します。
    また、不慮の事故で約款所定の高度障害状態になられた場合は、さらに500万円の災害高度障害保険金をお支払いします。
    保険料の払込みが免除されている場合、B型(生存給付金がない型)に変更して自動更新します。
  6. 特約高度障害保険金と特約死亡保険金は重複してお支払いしません。
    (特約高度障害保険金をお支払いした後に、死亡された場合、死亡保険金をお支払いします。特約死亡保険金はお支払いしません。)
  7. 災害高度障害保険金と災害死亡保険金は重複してお支払いしません。
    (災害高度障害保険金をお支払いした後に、死亡された場合、災害死亡保険金はお支払いしません。)

先進医療についての注意事項

  • 先進医療とは、厚生労働大臣が定める先進医療をいい、療養を受けた日現在に規定されているものに限ります。そのため、対象となる先進医療は変動します。
  • 先進医療ごとに厚生労働大臣が定める施設基準に適合する病院、または診療所において行われるものに限ります。
  • 被保険者が既に当社で所定の先進医療関係の保障にご加入の場合には、付加できません。

手術などのお支払額について

  • 手術給付金については、時期を同じくして複数回の手術・放射線治療を受けられた場合には、支払額の最も高いいずれか1つについてのみお支払いします。
  1. 「公的医療保険対象の手術」「公的医療保険対象の放射線治療」とは公的医療保険制度によって保険給付の対象となる医科診療報酬点数表に手術料・放射線治療料が算定されるものをいいます。( 歯科で受けた手術等であっても、上記に該当すれば支払対象となります。)
  2. 臓器の移植に関する法律に沿った、受容者を対象とした手術に限ります。また提供者側は対象外です。
  3. 「手術給付金」のお支払限度の例外
    手術料が一連の治療過程につき1回のみ算定される手術(網膜光凝固術など)や、放射線治療(照射)・温熱療法を複数回受けた場合は、施術の開始日から60日の間に1回の給付を限度とします。
    手術料が1日につき算定される手術(人工心肺など)を複数回受けた場合は、手術を受けた初日のみお支払いします。

保険期間とご契約について

保険期間と契約年齢

保険期間 保険料払込期間 契約年齢
15年 保険期間に同じ
(全期払)
18~60歳
  • 保険期間15年で健康状態に関係なく最長90歳まで自動更新できます。
    更新後の保険料は更新時の年齢・保険料率などにより計算します。
    不慮の事故の際の追加保障(災害死亡保険金・災害高度障害保険金)は、最長80歳までの自動更新となり、その後の保障はなくなります。

保険料のお支払について

保険料払込方法 月払・半年払・年払
※ クレジットカードでのお支払いは月払のみ
保険料払込経路 口座振替・クレジットカード払
  • この保険には配当金および満期保険金はありません。また、自動振替貸付制度を取り扱っておりません。
  • お客さまへの資料到着などをご確認させていただくため、当社または当社委託企業の担当者よりお電話させていただくことや、メールを送らせていただくことがあります。

給付金 お受けとり例(プラン1の場合)

  • お支払いの可否は、最終的には診断書の内容等により判断させていただきます。
  • お仕事の内容・健康状態・保険ご加入状況などによってはご契約をお引き受けできない場合や、保障内容を制限させていただく場合があります。
  • このホームページの情報は商品の概要を説明しています。
    詳細につきましては「パンフレット」「ご契約に際しての重要事項(契約概要・注意喚起情報)」「ご契約のしおり・約款」を必ずご覧ください。

HL-P-B1-16-00767(2017.2.1)


担当者から直接資料をお届けし、詳しい説明をさせていただくこともできます。
下記よりお気軽にお問い合わせください。

お探しの保険は見つかりましたか?
その他の通信販売商品はこちらから

通販商品一覧