健康経営

SOMPOひまわり生命保険の健康経営宣言。SOMPOひまわり生命は、社員一人ひとりが健康を実感し、お客さまの健康を応援する 「健康応援企業」として、健康経営を推進します。 そのために会社は以下の3つに取り組みます。1.社員とその家族の健康維持・増進を支援します。2.社員の様々なライフステージに寄り添います。3.社員の健康指標(KPI)の達成を目指します。

取組み内容

健康応援企業」を実現するための両輪を「Insurhealth®(インシュアヘルス)」および「健康経営」と定義し、重要な経営戦略として「健康経営」に取り組んでいます。
「健康経営」に取り組むことで、社員のパフォーマンスおよび生産性の向上に繋げ、企業価値向上を目指します。後述の健康経営KPIを「健康経営」の具体的な数値目標とし、各種施策に取り組みます。

1. 社員とその家族の健康維持・増進を支援します

  1. 健康管理・予防
    • 生活習慣病予防健診、定期健康診断
    • 特定保健指導
    • 被扶養者特定健診
    • インフルエンザ予防接種費用補助
    • 健康応援セミナー、健康応援ミーティング
    • 社内イントラに「健康経営コミュニティ」設置
  2. 食事
    • 社員の食生活改善プロジェクト
    • 月1回の野菜セミナー
  3. 運動
    • 社員約2,600名を対象に1万円相当のウェアラブル端末を無償貸与
    • ウェアラブル端末を活用し社内外で歩数対抗戦などを開催
    • クアオルト
    • SOMPOひまわり体操
  4. 睡眠
    • ひまわりラウンジ~サンテリエ~に仮眠スペース(個室ブース)設置
    • 睡眠改善プロジェクト
  5. ストレス
    • ストレスチェック
    • ラインケア・セルフケア研修
  6. 禁煙
    • 就業時間内禁煙
    • 喫煙者向け個別サポート
    • 新入社員(新卒・中途)の非喫煙者採用
  7. 女性の健康
    • 乳がん、子宮がん検診補助
    • 女性の健康応援セミナー実施
    • Femtechサービスの社員への導入
  8. ワークライフ・バランス
    • 早帰りの推奨
    • 連続休暇
    • プレミアムフライデーズ
    • シフト勤務・フレックスタイム制
    • 生産性評価制度
    • テレワ―クの活用
    • クアオルトはドイツ語で「健康保養地・療養地」の意味。
      自然環境を活用した健康増進に向けたウォーキングの実施や、地場産食材を使った栄養バランスの優れた料理の提供、温泉施設との提携による健康増進プログラムのことです。

<健康応援セミナー・ミーティング>
年6回以上実施、全社員が参加します。


<ウェアラブル端末を使ったイベント>
歩数を利用した社内外イベントを年数回実施し、70%の社員が参加しています。


<SOMPOひまわり体操>
健康課題の解決のため、全社員が個人・職場単位で実施しています。

ひまわり体操

<ひまわりラウンジ~サンテリエ~>


2. 社員の様々なライフステージに寄り添います

  1. 妊娠・育児
    • 短時間勤務制度
    • シフト勤務
    • 週4勤務制度
    • 育産休マニュアル
    • 男性育休の取得積極推進
    • まご・おいめい育児休暇
  2. 介護
    • 短時間勤務制度
    • シフト勤務
    • 週4勤務制度
    • 仕事と介護のお役立ちサイトの提供
  3. 治療
    • 治療と仕事の両立支援BOOK
    • 短時間勤務制度
    • シフト勤務
    • 週4勤務制度
    • フレックスタイム制
    • ハートフル休暇
    • 職場理解セミナー
    • がん検査等費用補助
  4. シニア活躍
    • 再雇用制度
    • ライフデザイン研修

3. 社員の健康指標(KPI)の達成を目指します

健康応援企業の社員として取り組むべき項目を設定
項目 2023年度KPI
定期的な健康チェック 一般定期健康診断受診率 100%
二次検査受診率 100%
特定保健指導実施率 80%
被扶養者特定健診申込率 80%
乳がん・子宮がん検診受診率 70%
取組みプロセス 運動習慣者比率 50%
歩行習慣者比率 70%
ウェアラブル端末活用率 80%
朝食を取っている人の割合 80%
2合以上(1日あたり)飲酒をしている人の割合 20%
睡眠により十分な休養が取れている人の割合 70%
喫煙率 5%
結果 適正体重維持者割合 80%
適正血圧範囲内者割合 85%
適正血糖値範囲内者割合 85%
適正肝機能範囲内者割合 80%

取組み状況

健康経営KPI数値項目
項目 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
定期的な健康チェック 一般定期健康診断受診率 100% 100% 99.9% 100% 100%
二次検査受診率 63.0% 67.0% 89.8% 85.9% 92.7%
特定健康指導終了率※ 76.5% 63.6% 69.1% 79.9% 65.9%
被扶養者特定健診申込率※ 64.2% 66.3% 67.8% 74.6% 68.1%
乳がん・子宮がん検診
補助利用率※
46.1% 51.6% 66.7% 75.1% 74.5%
取組みプロセス 運動習慣者比率※ 23.1% 23.0% 21.8% 25.5% 24.7%
歩行習慣者比率※ 45.8% 49.5% 47.4% 51.4% 52.9%
ウェアラブル端末同期率 53.0% 44.4% 55.8% 81.1% 92.1%
朝食を取っている人の割合 75.0% 76.0% 72.9% 71.5% 69.0%
2合以上(1日あたり)飲酒をしている人の割合 23.9% 26.6% 16.9% 14.3% 17.0%
睡眠により十分な休養が取れている人の割合 62.0% 62.8% 67.9% 64.8% 62.5%
喫煙率 18.3% 15.3% 11.1% 9.3% 7.5%
結果 適正体重維持者割合 72.7% 73.7% 72.3% 73.5% 72.0%
適正血圧範囲内者割合 80.9% 81.8% 79.3% 82.5% 80.5%
適正血糖値範囲内者割合 81.5% 81.1% 81.6% 82.8% 82.8%
適正肝機能範囲内者割合 67.4% 73.1% 73.6% 74.4% 73.9%
  • 運動習慣者比率:1日30分以上の軽く汗をかく運動を週2回以上、1年以上実施している人の割合
  • 歩行習慣者比率:日常生活において歩行または同等の身体活動を1日1時間以上実施している人の割合
  • 特定保健指導終了率は、前年度分報告値
  • 乳がん・子宮がん検診補助利用率は、健康保険組合の被保険者のうち、補助制度を利用した割合
その他参考データ
項目 2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
ストレスチェック受検率 79.1% 94.6% 95.1% 97.7% 92.5%
ストレスチェックの集計結果
(総合健康リスク)
※全国平均を100とし、
数値が高いほどリスクが高い
95 96 98 95 94
ハイリスク者への管理(治療継続)率 93.3% 100.0% 93.3% 83.3% 100%
傷病による休職率 0.4% 0.5% 0.5% 1.1% 1.2%
プレゼンティーイズム
※WLQ-Jスコア
(100%が最も生産性が高い状態)
94.7 94.1 93.9 93.9 93.9
(測定人数)
2,450名
(回答率)
92.5%
アプセンティーイズム
(傷病による欠勤率)
3.0% 3.0% 3.0% 1.5% 2.6%
(測定人数)
2,092名
(回答率)
100%
ワークエンゲージメント
※Gallup Q12 平均スコア
3.37 3.49 3.66 3.72
(測定人数)
2,681名
(回答率)
91%
休暇取得率 67.0% 64.0% 61.0% 68.0% 64.2%
平均法定外残業時間 10.2時間 10.5時間 6.2時間 7.55時間 9.24時間
労働災害件数 16件 14件 6件 9件 9件
死亡災害件数 0件 0件 0件 0件 0件
  • 労働安全衛生の取組みとして、各事業場における月1回の衛生委員会にて労働災害発生状況や社有車事故の報告を実施。また、職場巡視により、各職場の危険源を特定・改善を指導している。

推進体制図

推進体制図

その他、労働組合との情報共有や協議を実施

課題・効果検証

禁煙の取組み
禁煙の取組みを開始した当初は、20%を超える高い喫煙率が課題でした。
2016年度から禁煙の取組みを本格的に開始し、段階的に取組みを強化してきたことにより、喫煙率は年々低下しています。
2022年度の喫煙率は7.5%となり、毎年着実に減少傾向です。
また、禁煙推進企業コンソーシアムへの参画等、社会への情報発信も積極的に行っています。
引き続き、喫煙者のフォローを中心に行い、2023年度は喫煙率5%以下を目指し、禁煙の取組みを推進してまいります。

全社員における喫煙率の推移のグラフ

女性の健康

【女性の健康応援セミナー】
2020年度から婦人科検診(子宮がん検診・乳がん検診)の重要性についてセミナーを実施しています。セミナーへの参加をきっかけに婦人科検診を受診するなどの行動変容も見られ、婦人科検診の普及啓発に繋がっています。また、その他にも更年期障害・女性の生涯のホルモンと身体の変化など、女性特有のテーマを取り上げたセミナーを実施しています。セミナーは管理監督者や男性従業員も受講し、男女問わず女性の健康について理解を深める機会を提供しています。健康応援ミーティングにおいても女性の健康についてテーマに設定し、セミナーと合わせて全社員約2,600名が参加しています。

婦人科検診セミナー満足度

女性の健康セミナー 婦人科検診セミナー満足度:大変満足 58%、やや満足 27%、普通 12%、やや不満 3%、大変不満 0%

婦人科検診セミナー参加後の行動変容

女性の健康応援セミナー 婦人科検診セミナー参加後の行動変容:既に受診済み 5%、もともと受診予定で、引き続き受診予定 72%、もともと受診予定ではなかったが、セミナーを受講して受診しようと思った 5%、受診するか迷ってたが、セミナーを受講して受診しようと思った 16%、受診予定なし 2%

【婦人科検診費用補助(子宮がん検診・乳がん検診)】

健康保険組合による婦人科検診の費用補助を実施しています。健康診断時の案内強化や、セミナーを実施し、婦人科検診の積極的な受診を呼びかけています。
これらの取組みにより、50%未満であった婦人科検診費用補助利用率は向上し、2022年度はKPIである70%を上回り74.5%となりました。今後80%以上を目指して更なる推進を図ります。
※費用補助について
 20~29歳(子宮がん検診):5,500円まで
 30歳以上(子宮がん検診、乳がん検診):10,000円まで

子宮がん検診
乳がん検診補助利用率
2018年度 2019年度 2020年度 2021年度 2022年度
46.1% 51.6% 66.7% 75.1% 74.5%

社員の意識調査と医療費への影響

当社は、健康経営で解決したい経営課題を「健康応援企業の確立」と定義しています。そのためには社員・家族が健康であること、ヘルスリテラシーの高度化が大前提となっています。
2022年度に全社員に実施した健康経営の取組みに関するアンケートでは、社員の健康実感およびヘルスリテラシーの向上が見られました。また、生活習慣病に関する医療費に関しても、経年で減少しています。※

  • 2021年度については、2020年度のコロナ禍の影響による受診控えの反動で一時増加となりましたが、健康のために必要な治療・通院(二次検査含む)を再開したことで、社員の健康につながり、今後中長期的に医療費への還元が期待できます。

健康経営に対する理解も広く浸透してきており、社員一人ひとりが健康を実感できるよう、今後も健康維持・増進への取組みを推進していきます。

【調査結果】

この1年で、健康に関する知見は深まったと感じていますか?
肯定回答:68.8%

当社は、健康経営に取り組んでいる企業として評価できると思いますか?
肯定回答:94.8%

当社の健康経営の取組みは自分または家族の健康に繋がっていると思いますか?
肯定回答:61.7%

【生活習慣病に関する医療費推移】

2018年度 35,146,780
2019年度 33,742,720
2020年度 31,262,400
2021年度 38,898,380
2022年度 36,959,340

社外からの認定・表彰

  • 健康経営優良法人2023大規模法人部門(ホワイト500)認定
  • 健康優良企業認定制度「健康優良企業 金の認定」
  • 令和4年度東京都スポーツ推進企業(モデル企業) 認定
  • スポーツエールカンパニー2023 認定
  • 令和4年度がん対策推進優良企業
  • 女性の健康経営®アワード2023「推進賞」
  • 野菜を食べようプロジェクト「野菜サポーター」
  • Sport in Life アワード「Sport in Life 2022賞」
ホワイト500
健康優良企業
東京都スポーツ推進企業
SPORTS YELL COMPANY 2023
野菜を食べようプロジェクト
Sport in Life Award