お客さまの声から実現しました

当社では、さまざまな形で「お客さま視点」に基づく業務改善の仕組みを構築しています。いただいた「お客さまの声」を活かして、お客さまのニーズに合った商品・サービスをご提供するとともに、お客さまの利便性向上につながるよう各種帳票の改訂も随時行うなど、業務改善に取り組んでいます。

  • 各種サービスなどのご利用には、一定要件がありますので、詳細はお問い合わせください。

実施した改善取組みの事例

ネット給付金請求「ひまわりスマート給付金請求」の取扱開始 -2019年度事例-

給付金の支払いをもっと早くしてほしいです。

改善内容 

インターネット(『ひまわりスマート給付金請求』)や当社LINE公式アカウントからもご請求いただけるようになりました。お取扱要件を満たす場合、パソコンやスマートフォンで『マイ リンククロス』(ご契約者向けWebサービス)またはLINE公式アカウントにアクセスし、必要項目を入力、領収証等の写真を添付すれば、その場で給付金請求手続きが完了でき、郵送でのご請求よりも早く給付金をお支払いできるようになりました。

「LINE」を使った給付金請求の取扱開始 -2019年度事例-

電話での手続き・案内のやりとりは不便なので、もっと手軽にできませんか。

改善内容

電話以外のコンタクト手段のひとつとして、LINEを使ったチャットサービスを開始しました。第一弾として、給付金請求受付サービスで展開しています。


保険金・給付金お支払いに関するご案内文書の簡素化 -2019年度事例-

『ご請求に関するお知らせ』(※)が届いた翌日に『保険金・給付金等お支払い手続き完了のお知らせ』が届きました。別々に届くのが紛らわしいです。

改善内容

「一部非該当」や「請求勧奨」をご案内する場合、『保険金・給付金等お支払い手続き完了のお知らせ』に印字するようにしました。なお、「解除」「免責」「全部非該当」など、お客さまにご理解いただくためより丁寧な対応が必要な事案は、引き続き『ご請求に関するお知らせ』を発送しています。


※ 『ご請求に関するお知らせ』は、保険金・給付金等の査定の結果、ご請求いただいたとおりにお支払いできない場合等に、『保険金・給付金等お支払い手続き完了のお知らせ』に加えて、お送りしているものです。

自宅で完結する保険料支払い方法の取扱開始 -2019年度事例-

引き落としできなかった保険料を払い込むのに、コンビニまで出かけるのが
大変です。

改善内容

コンビニのほか、ご自宅にいながらLINE Payやクレジットカードでもお支払いができるよう、『コンビニ払込票付併徴・再請求案内はがき』にQRコードを印字しました(スマートフォン、タブレット対応)。

指定代理請求人の範囲拡大 -2019年度事例-

同性パートナーを指定代理請求人に指定できないのは納得できません。

改善内容

親族以外の財産管理を行う方、内縁関係の方や同性パートナーの方なども代理請求ができるよう、指定代理請求人の範囲を拡大しました。


「簡易定健扱」(※)の新設 -2018年度事例-

加入手続き時に健康診断結果通知書のコピーを提出するよう案内がありました。
もっと簡単にならないのですか。

改善内容

ご加入される保険金額によっては「簡易定健扱」を利用すれば、健康診断結果通知書の提出が不要
になります。

※「簡易定健扱」:被保険者が保険加入前に受診された健康診断結果通知書または人間ドック成績表から、特定項目のみを当社所定の書類に転記し、告知書と一緒に提出いただく手続き方法です。

保険料控除証明書の再発行手続方法の拡張 -2018年度事例-

生命保険控除証明書の再発行依頼の電話をかけましたが、なかなかつながらず
手続きできません。

改善内容

カスタマーセンターへの電話による控除証明書の再発行依頼が、SMS(※)経由でWeb 手続きによる方法も選択可能になりました。

※SMS:ショートメッセージサービス。電話番号だけで相手先の携帯番号にメッセージを簡単に送信できる仕組みのことです。

改姓・受取人変更の手続方法の拡張 -2018年度事例-

改姓や受取人変更手続きを簡単に済ませたいのですが

改善内容 

一定条件を満たす改姓・受取人変更は、契約者からカスタマーセンターへの電話のみで手続きが完結
できるようになりました。

限定告知医療保険に付加できる特約の新設 -2018年度事例-

健康に不安があります。入院は短期化しているので入院保障に加え、通院の保障

もほしい

改善内容 

短期化する入院や、退院後の通院の保障の充実を図れるよう、簡単な告知項目でお申込み可能な
「限定告知医療保険」に付加できる、入院一時金特約、通院特約を開発しました。

「失効取消制度」の取扱開始 -2018年度事例-

保険料引落口座を変更する連絡を忘れていたら、契約が失効してしまいました。

健康上の理由で「復活」は難しいかもしれません。何とかならないですか?


改善内容

「失効取消制度」が利用できます。所定の期日までに未払込保険料を払い込んでいただければ、

告知不要で失効日にさかのぼって保障を継続できるようになりました。

※ご契約内容等によりお取扱いできないケースがあります。

「ご家族連絡先登録制度」の拡充 ① -2018年度事例-

契約者である父(70歳)が入院中です。子どもである自分が連絡しているのに、

契約内容を教えてもらえないのですか?

改善内容

「ご家族連絡先登録制度」に登録されている家族であれば、契約者以外の方でも契約内容等のお問い

合わせにお応えすることができるようになりました。


「ご家族連絡先登録制度」の拡充 ② -2018年度事例-

「ご家族連絡先」に2人の子どもを登録したいのですが

改善内容

これまでは「ご家族連絡先登録」を1名のみ指定可能でしたが、2名まで指定できるようになり

ました。また、指定できる登録家族の範囲を契約者の4親等以内の血族(いとこなど)・姻族に拡大

しました。

「ご家族連絡先登録制度」の詳細はこちらをご覧ください。