旧制度の内容

控除の区分

控除の区分(控除枠)には「一般生命保険料」「個人年金保険料」があります。
1年間に払い込まれた保険料によって、所得税では最高10万円(住民税では最高7万円)の控除が受けられます。

控除の区分 対象となる保険料 所得税 住民税
一般生命保険料 生存または死亡を原因として保険金・給付金を支払う部分に対する保険料 最高
5万円まで
最高
3.5万円まで
個人年金保険料 「個人年金保険料税制適格特約」の付加された個人年金保険契約に対する保険料 最高
5万円まで
最高
3.5万円まで
全体で最高
10万円まで
全体で最高
7万円まで
  • 「個人年金保険料税制適格特約」を付加していない個人年金保険は、一般生命保険料の対象です。

控除額計算式

控除額は、「一般生命保険料」「個人年金保険料」のそれぞれについて、下記の計算式を当てはめて算出します。

1年間の払込保険料の合計金額 生命保険料控除額
所得税 25,000円以下 払込保険料の全額
25,001円から50,000円まで (払込保険料の合計金額)×1/2+12,500円
50,001円から100,000円まで (払込保険料の合計金額)×1/4+25,000円
100,001円以上 一律に50,000円
住民税 15,000円以下 払込保険料の全額
15,001円から40,000円まで (払込保険料の合計金額)×1/2+7,500円
40,001円から70,000円まで (払込保険料の合計金額)×1/4+17,500円
70,001円以上 一律に35,000円

マイ リンククロス Webサービス

スマートフォンやパソコンから「ご契約内容の確認」「お手続き」「健康サービス」をご利用いただけます。