新型コロナウイルス感染症に関するお支払対象・お手続きについて

保険金・給付金等の簡易・迅速なお支払い

お申し出により、必要書類の一部省略や状況に応じた柔軟な対応をすることで簡易迅速なお支払いを実施しています。

  1. ご請求対象範囲
    • 保険金・給付金
      死亡保険金、災害死亡保険金等、入院給付金等(入院一時金含む)の対象です。

<臨時の施設で療養した場合>
医療機関等の事情により臨時の施設(ホテルや自宅など)で療養した場合も医師による証明書等(保健所・自治体が発行する書類を含む)をご提出いただくことで、入院給付金等(入院一時金含む)の支払対象とします。

<臨時の施設での療養を含む場合の保障対象としている期間>

保障の開始日
右記のいずれか早い日
  • 医療機関への入院開始日
  • PCR検査等での陽性判明日
保障の終了日
右記のいずれか遅い日
  • 医療機関からの退院日
  • 保健所等の指示するホテル療養終了日
  • 保健所・自治体が療養の指示を解除した日

  • ご請求書類の緩和
  • 新型コロナウイルス(疑いを含む)を原因とする入院の請求について、「入院・手術・通院等証明書(診断書)」に代えて、自己申告による「治療状況報告書」および「保健所が発行する就業制限通知書」や「医療機関が発行する領収証コピー」を提出いただくことでご請求いただけます。 具体的な書類については、以下「お手続きについて」を参照ください。
  • 新型コロナウイルス以外の治療による請求の特別取扱
  • 新型コロナウイルスの影響で、感染防止の観点や病院のベッドが満床のために本来入院が必要な状態であるものの自宅療養を指示された場合でも、医師による証明書によりその事実がわかれば入院給付金等(入院一時金含む)のお支払対象とします。

    新型コロナウイルス感染症のお手続きについて

    1. 入院給付金等(入院一時金含む)のご請求
      医療機関への入院有無にかかわらず、新型コロナウイルス感染症により臨時の施設(ホテルや自宅など)で療養 した場合も療養の事実がわかる書類をご提出いただくことでご請求の対象としております。
    2. <療養の事実がわかる書類の例>
      保健所・自治体より
      発行される書類の例
      • 就業制限通知書
      • 就業制限解除通知書
      • 医師の届け出に基づく通知書
      • 宿泊療養証明書
      • 入院勧告解除通知書
      • その他、療養の事実が確認できる書類
      医療機関より
      発行される書類の例
      • 領収証
      • 診療明細書
      • 退院証明書
      • その他、療養の事実が確認できる書類
    • 上記いずれかの書類があればご請求いただけますが、なるべくお手元にあるすべての書類をご提出いただきますようお願いします。
    • ご提出いただいた書類で療養の事実が確認できない場合には後日、追加の書類提出をお願いすることがございます。
    • お手元に書類がないお客さまは当社所定の書類を送付いたしますので、下記<郵送でのお手続きについて>をご確認ください。

    インターネット・LINEでのご請求

    お手続きはインターネットまたはLINEでのご請求が便利です。

    • 臨時の施設(自宅やホテル)で療養した場合には、入院期間の欄には、「PCR検査等での陽性判明日」~「保健所・自治体が療養の指示を解除した日」を入力してください。

    インターネット請求
    (ひまわりスマート給付金請求)

    • ボタンをクリックすると、マイ リンククロス(webサービス)のログインページに移動します。
      初めてご利用の方は、新規登録が必要です。

    LINEでの請求

    LINE友だち登録はこちらから

    <ご注意ください>

    • 手術を含んだご請求の場合にはご加入中の保険種類によってご利用いただけない場合がございます。
    • ネット請求にてお手続きいただく場合、遷移途中の「ご請求についての質問」について、以下に表示された質問については、該当しない場合でもご利用いただくことが可能ですので、チェックを入れてお進み下さい。
    【ネット請求サンプル画面】
    ネット請求画面サンプル

    <郵送でのお手続きについて>
    入院給付金等(入院一時金含む)のご請求でお手元にご提出いただける書類がない場合
    死亡保険金、災害死亡保険金等のご請求の場合

    お電話にてお問い合わせください。電話